離婚調停の基本の流れと費用

離婚調停に関する基礎的な知識

最近ではワイドショーなどで芸能人などの離婚調停などの話題を見ることが少なくありません。しかし、一般の人に取っては離婚調停を経験したことがあったり、実際に離婚調停を検討しているという人以外には離婚調停という言葉は知っていても、離婚調停は一体どのようなものなのか知らないという人がほとんどでしょう。
何らかの理由で夫婦が離婚をする場合には、まず本人同士の話し合いから始まります。これで離婚の条件が整って離婚ということであれば、いわゆる協議離婚が成立したということになるのです。しかし、離婚ということになれば、離婚に対する条件などで夫婦それぞれに主張が食い違って協議離婚ができないということも少なくありません。そのような場合に家庭裁判所に離婚調停を申し立てすることが出来るのです。調停ですから、離婚裁判とは違います。家庭裁判所では当事者間と裁判官と男女一人ずつの調停委員を交えた話し合いが行われることになります。当事者同士ではうまく条件が整わないという場合であっても、裁判官と調停委員という第三者が介入することで離婚の条件の話し合いが進む可能性が高いのです。これでも上手くいかないということになればいよいよ離婚裁判となってしまいます。

離婚調停にかかる費用について

離婚に関しては、まず当事者同士で話し合いで離婚が成立すれば協議離婚ということで済んでしまいます。しかし、子供のことやお金の分与などで当事者同士での話し合いではあっさりと解決しないことも少なくありません。それでも話し合いで済ませる協議離婚がいいことは間違いありませんが、どうしても協議離婚では収まらないということであれば、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることもできます。家庭裁判所という場所と裁判官と調停委員という第三者が介入することで離婚がスムーズに運ぶことも少なくありません。
しかし、家庭裁判所ということから離婚調停にかかる費用について心配になる人もいるでしょうが、離婚調停では弁護士を代理人として建てなければ費用はあまり必要ではありません。もちろん、弁護士を代理人としないでも離婚調停をすることができますから、その場合の費用は2千円程度で済むはずです。交通費をいれても1万円程度の費用を考えていればいいのではないでしょうか。しかし、弁護士を代理人として立てた場合には話は違ってきます。弁護士や事務所によってかなり大きな費用の差があるようですが、数十万円の費用がかかることを覚悟したほうがいいでしょう。それでも弁護士を代理人とすることで有利な離婚調停をすることができるのならば費用のことはかまわないということも少なくありません。

弁護士との面談がしっかりと在り、面談終了後に当事務所への依頼をするかが決められますので安心出来ます。 小さなお子様をお連れの方でも安心出来るオムツ替えベッドをご用意しているオフィスもございます。 メールからのご予約も承ります。(24時間受付可能) 当事務所のように離婚弁護士に依頼をすることで少しでも有利な解決・結果を得られることが期待出来ます。 離婚調停の手続きでお困りならオーセンスまで

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月24日
離婚調停で勝つために必要なことを更新。
2017年08月24日
離婚調停の内容と気になる事例についてを更新。
2017年08月24日
円満離婚に向けての話し合いを更新。
2017年08月24日
離婚調停の申し立てから終了までを更新。

カレンダー

2018年2月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728