離婚調停の内容と気になる事例について

離婚調停の流れやメリットとは?

離婚調停という言葉を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。スムーズに離婚の話し合いが行われればいいのですが、お互いの言い分に相違が生じるケースも少なくなく、話し合いが長引いたり話し合いの場を設けられないことすらあります。そんな時に役立つのが、離婚調停。離婚調停とは家庭裁判所に仲裁に入ってもらい、双方が納得できるように話を進めていく制度のことで、夫婦関係調整調整ともいわれます。全体的な流れとしては、離婚の申し立てを受けると裁判所は調停をする日を設定し、申立人と申し立てられた相手方の両方を裁判所へ呼び出します。
離婚調停は裁判官と調停委員2名で行うよう決められており、調停委員が調停を進めていくのが特徴です。裁判官は調停の成立、不成立の時などの手続きが必要な時以外は基本的には立ち合いません。調停が無事終わり成立すると最終確認を行い、強力な執行力を持つ調停調書という公文書に裁判書記官により調停の内容が記載され、離婚が成立します。離婚調停を行うことで調停調書に合意の内容が残るため、何かあった時にトラブルを回避できるというメリットが得られます。慰謝料や養育費などが支払わなければ、財産の差し押さえも可能になるのです。また、第三者が介入するすることで、冷静な話し合いもできるようになるでしょう。

離婚調停でありがちな事例について

意外と多いのが夫婦同士が忙しく働き過ぎたことにより、家庭が冷めてしまい離婚につながる話です。その際は私と仕事どっちが大事なのと言い争ったり、子供にどちらを選ぶと聞いたりします。
この時に裁判所に離婚調停の話を持ち込むと、子供が小さい場合なら親権は妻の方に移る場合がほとんどです。そして、夫が妻と子供に対して毎月一定の金額を支払うことで合意に至ります。子供が高校に入学する場合は、学費の何割かも払うことになるので、夫は毎日を働いて過ごすことになります。ただ、働く行為が子供の幸せにつながるので、最適な結果につながりやすいです。また、何らかのきっかけがあった時は、復縁に至った例もあります。

夫の暴力が原因で離婚をすることになった時は、妻は弁護士に任せる場合が多いです。言動と行動で被害を与えた相手に対し、話し合いをするのは難しいので弁護士に任せるのは賢いやり方と言えます。あと、話し合いがまとまらず離婚調停をすることになった時は、裁判所側が夫に対して妻と会わないようにと通達します。この時に夫に慰謝料請求しておくと、裁判所側がその意図を汲み取ってくれます。そして、夫は妻に対して肉体的及び精神的に与えた損害に対し、慰謝料を支払うことになります。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月24日
離婚調停で勝つために必要なことを更新。
2017年08月24日
離婚調停の内容と気になる事例についてを更新。
2017年08月24日
円満離婚に向けての話し合いを更新。
2017年08月24日
離婚調停の申し立てから終了までを更新。

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930