円満離婚に向けての話し合い

夫婦の問題を解決するための離婚調停

夫婦関係が上手くいかず、修復不能なまでに陥ってしまった場合には離婚をするという選択もあります。しかし離婚は相手のあることなので、双方が合意しなくては行うことができません。結婚する際とは違い、離婚をする場合は双方の間に亀裂が入っていたり、お互いが直接の話し合いだけで納得して離婚することができないこともあるため、そのような場合には家庭裁判所に申し立てることで離婚調停を行なうことができます。離婚調停では「調停委員」と呼ばれる人が双方の間に立ち、お互いの言い分を聞いたうえで円満離婚に向けて話し合いを進めていきます。離婚をするまでにさまざまな話し合いの場が設けられ、子どもがいる場合には親権や養育費、また財産分与などについても納得ができるように話し合いが行われます。
離婚調停はスムーズに行けば数回の話し合いで終了することもありますが、双方が納得できない場合には長期に及ぶこともあります。話し合いを重ねてもお互いが納得できない場合には調停が成立せず、さらに話し合いを重ねることもできますが、申し立てによって離婚訴訟へと発展することもあります。ただしどのようなケースであってもいきなり離婚裁判を申し込むことはできず、必ず離婚調停を経ることになります。離婚するとはいえ連れ添った夫婦である以上、なるべくなら裁判で争うことなく離婚調停で問題を解決したいところです。

離婚調停で相手と顔を合わせたくない場合

離婚については夫婦の話し合いで円満に解決できればいいのですが、親権や財産配分の件で揉めてしまった場合には第三者が介入して離婚を成立させるという方法があります。そのうちの1つが離婚調停で、双方の言い分を調停委員という第三者が聞いたうえでよりよい解決策を提案してくれるというものです。この離婚調停に関しては地域の家庭裁判所で行われます。この離婚調停に関しては、弁護士などの力を借りることも可能ですが費用の面で依頼を諦めて自分だけで出席するという人が多いです。この離婚調停について気になるのが、相手と顔を合わせなければいけない状況があるのかどうかということです。
離婚を考えている夫婦については一方の暴力や双方間のトラブルなどが原因で顔を合わせたくないというような状況もあり、離婚調停で双方の考えを言う際にお互い顔を合わせていては言いたいことも怖くて言えないという場合もあります。離婚調停に関しては基本はお互いが同席した上で双方の言い分を聞くものですが、夫婦間にトラブルがある場合には別々に話を聞くというように配慮をしてもらえることが多いです。なので離婚成立が思うようにいかないという場合には、遠慮なく離婚調停を利用すべきです。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月24日
離婚調停で勝つために必要なことを更新。
2017年08月24日
離婚調停の内容と気になる事例についてを更新。
2017年08月24日
円満離婚に向けての話し合いを更新。
2017年08月24日
離婚調停の申し立てから終了までを更新。

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930